地域貢献活動

十勝川河川清掃 (平成20年~)

我が社の社員だけではなく、取引先の企業のみなさん、近隣町内会のみなさんと共に実施しています。

十勝川河川清掃 

平成28年6月11日土曜日、「十勝川河川清掃」を実施しました。
今年で9回目となり「十勝川河川清掃」もすっかり初夏の恒例行事となっています。
今年は、当社社員をはじめ、関連企業、団体、十勝川近隣の町内会のみなさん総勢109名が参加し、約2時間掛けて「鈴蘭大橋」から「十勝大橋」までの両岸の河川敷地のごみを拾いました。
今年は、45リットルサイズのゴミ袋にして、燃えないゴミ14袋、燃えるゴミ17袋のごみを拾いました。
清掃後には支流の伏古別川に棲む「水生生物の観察会」を行い、十勝川の自然環境について学びました。
この清掃を通して、参加していただいた方々が十勝川に愛着をもち、環境保全活動の輪が広がればと考えています。

主  催 西江建設(株)
協力企業 東和建設(株)
永光建設(株)
(株)共成レンテム
山田機械工業(株)
(株)鉄建
共和コンクリート工業(株)
(株)ネクスコ・メンテナンス北海道
セイコーリース(株)
協力団体 新十勝大橋町内会
北興町内会
十勝川イカダ下り実行委員会

過去の実績

花壇造成 (平成14年~)

本社所在地の町内会のみなさんと協力して花壇の造成と道路清掃活動を実施。 (5月から11月まで)

花壇造成

平成29年5月26日、新十勝大橋町内会の皆さんや、北王コンサルタント(株)、北洋道路(株)、三和警備(有)、西江建設(株)の職員が一緒になって市道(北1丁目通り)沿いの植樹枡に『花壇造成』を行いました。
花壇造成は地域美化を目的に平成14年から毎年行っています。平成23年には北海道が制定する「北海道景観づくりサポート企業」に登録されました。開始当初は西3条から西4条までの歩道植樹枡に350株程の「サルビア」を植えていましたが、平成19年からは西2条から西5条までエリアも拡大し、今年は「サルビア」約1,000株と「マリーゴールド」約500株を植えました。草取りや周辺の道路清掃なども月1回程度行います。赤と黄色の花々は10月中旬まで皆さんに楽しんでもらえると思います。


過去の実績

十勝川イカダ下り (平成7年~)

イカダ約40艇、参加者300名以上の大会に、チームとしてエントリーするだけではなく、実行委員、運営スタッフとして参加、大会を支えています。

NPO法人十勝多自然ネット

NPO法人 十勝多自然ネットは、当社を含めた十勝の建設業者6社により、平成13年6月NPO法人として認証され、水辺環境における人と自然との調和についての調査研究、環境教育ならびに啓発に関する事業等を行なっています。 十勝多自然ネットは、弊社社長が理事長を務めており、会社を挙げて活動を支援しています。

NPO法人十勝多自然ネット

河川美化活動と自然観察会 平成13年~

河川美化活動(平成23年)

当社は、NPO『十勝多自然ネット』の河川美化活動に、平成13年から毎年参加しています。場所は、帯広市内にある帯広川・札内川合流点の親水公園周辺で、川辺で休日を過ごす人や、釣り人などに利用されているところです。
『十勝多自然ネット』は、当社を含めた十勝の建設業者6社により、平成13年6月NPO法人として認証され、水辺環境における人と自然との調和についての調査研究、環境教育ならびに啓発に関する事業等を行なっています。
平成17年からは、河川美化活動とあわせて自然観察会も行なわれています。平成23年度は、7月6日に実施され、NPO会員、帯広東小学校3年生39名、同先生・PTA約7名、帯広河川事務所の方々など約100名が参加しました。
およそ1時間の清掃活動では、空き缶、タバコの吸殻、ペットボトル、釣り用品、花火など多くのゴミを収拾し分別、処分しました。その後の自然観察会では4班に分かれ、親水池にすむ魚の観察やCOD(水に汚れの元になるものがどのくらい入っているかを示すもの)を測定するパックテストを用いて水質検査を行ないました。
子供達は、川で遊ぶことが初めてであったり、川魚に触るのが初めてであったり、大変興味を持って観察していました。
子供のうちから、身近な川と親しむことや、日常生活の中で川を汚さないためにできることなどを学ぶことは、未来へ美しい地球を引継ぐ気持ちを持つためのちょっとしたきっかけになるのではないでしょうか。
当社社員も、一人一人の環境に対する意識の高揚につながればと、毎年数名ずつ交代で参加しています。


過去の実績

小河川を活用した環境教育 平成24年~

小河川における環境教育支援(平成29年)

当社はNPO法人「十勝多自然ネット」が実施している『小河川を活用した環境教育』に協力しています。『小河川を活用した環境教育』は、帯広市内を流れる機関庫の川、伏古別川、帯広川、ウツベツ川などの小河川で幼児・小学生を対象に行っている活動です。
今年も、十勝多自然ネットが水生生物の採補・観察、水質測定などの体験学習を実施し、当社は7月6日と8月24日の環境教育を支援しました。
7月6日には、東小学校3年生を対象に発祥の地公園で水生生物の採補・観察、水質測定を行いました。
8月24日には、機関庫の川で豊成小学校3年生を対象とした体験学習を行いました。参加した児童は、捕まえた魚やザリガニをじっくり観察した後、特定外来種について真剣に学んでいました。

NPO法人「十勝多自然ネット」へのリンク


過去の実績

せせらぎ復元プロジェクト 平成14年~

その他

最新の活動

AED設置 

地域住民の皆様の突然の病気や事故に備えて、AED(自動体外式除細動器)をいつでも利用して頂けるように、本社の1階フロアに設置しました。
地域住民の皆様が、安全・安心な暮らしを手助けできる生活環境を提供するために、社員も消防署の指導のもとAED訓練を受けています。
AEDは、本社のほかに札幌支店、18条センターと中札内村・浦幌町(吉野)に開設している各工事事務所 の合計5箇所に設置しました。
緊急事態の時は、多くの地域住民の皆様にAEDを利用して頂き、地域に貢献していきたいと思います。


過去の実績

イルミネーション

地域の皆さんに楽しんでいただけるように、18条センターの帯広工事事務所をイルミネーションで彩っています。

AED設置

地域住民の皆様の突然の病気や事故に備えて、AED(自動体外式除細動器)をいつでも利用して頂けるように、本社の1階フロアに設置しました。

札幌支店の取り組み

北海道新幹線の札幌への早期延伸の機運を盛り上げようと、平成27年11月24日に札幌支店社屋の外壁に横断幕を設置しました。

現場見学

私たちの仕事を知っていただけるように、工業高校・農業高校をはじめ、施工現場近隣の小学校の生徒さんを現場に招待しています。

インターンシップ

建設業に興味のある学生さんや生徒さんに就業体験の機会を用意しています。

海外研修員視察(JICA帯広)

モンゴル人技術者の現場研修