情報化施工への取組み

国が推し進めているICT(情報通信技術)を活用したi-Consuturuction(情報化施工)

  • ICT(情報通信技術)を活用した情報化施工により、人力で行っていた測量、丁張り設置、検測など不要になり、高い効率・精度・安全性を一挙に実現することがでます。
  • 建設機械の稼働率向上によって、二酸化炭素排出量が抑えられえ、環境負荷が低減します。
  • 建設現場以外でも、設計をデータで視覚化して設計が改善できたりシミュレーションが可能です。
  • データを電子的に蓄積することや、書類作成の簡単・簡素化も可能で、事務処理も効率的に進めることが出来ます。

ドローンを使用した撮影

最新型ドローン導入

3Dレザースキャナで測量

3Dデータ解析