小河川における環境教育支援(平成28年)

当社はNPO法人「十勝多自然ネット」が実施している『小河川を活用した環境教育』に協力しています。『小河川を活用した環境教育』は、帯広市内を流れる機関庫の川、伏古別川、帯広川、ウツベツ川などの小河川で幼児・小学生を対象に行っている活動です。
今年も、十勝多自然ネットが水生生物の採補・観察、水質測定などの体験学習を実施し、当社は7月6日と8月24日の環境教育を支援しました。
7月6日には、東小学校3年生を対象に帯広川と札内川の合流地点である親水公園周辺で、清掃活動及び水生生物の採補・観察、水質測定を行いました。
8月24日には、機関庫の川で豊成小学校3年生を対象とした体験学習を行いました。参加した児童は、川に入り魚やザリガニを捕まえ大喜びでした。体験学習の最後には、川の環境保全や特定外来種の問題についても真剣に学んでいました。