北海道農業土木協会賞で奨励賞を受賞

平成24年8月27日、北海道農業土木協会、北海道耕友クラブの通常総会において、農業農村工学会誌「水土の知」vol.79(平成23年4月)で発表した「魚類等の生息に配慮した排水路整備の効果検証」(宇野沢正美・吉原修・田中肇)が北海道農業土木協会賞奨励賞を受賞しました。
今回の受賞は、平成14年度に施工した「畑総(担い手育成)帯広東地区第1工区工事」(発注者:十勝支庁南部耕地出張所)の途別川で、施工前から施工後6年間にわたって魚類等の生息にかかる影響調査を行った結果を取りまとめ報告した論文が高く評価していただいた結果です。

(受賞報文:魚類等の生息に配慮した排水路整備の効果検証